植物

正しいうつ病治療の方法を知ろう|まずはチェックで診断!

正しい寄り添い方

医者と患者

家族や大切な人が過度に落ち込んでいたり、最近元気がなくなっていると思ったときは、うつ病を発症しているかもしれません。うつ病は気分が落ち込んでいるように見えるので、病気と思わないときもあります。発症していると思ったらチェックをして、うつ病になっているか確かめましょう。本人のやる気がなくても、ネットで簡単にチェックできるので大丈夫です。まずは、インターネットで検索をして、専用のサイトを探してみましょう。パソコンやスマホなど、自分が所有しているデバイスから簡単にアクセスできます。アクセスしたらいくつかの質問に答えるだけで大丈夫です。本人が自分でできないときは、聞いてあげるといいかもしれません。チェックできるサイトはたくさんあるので、やりやすいサイトを選ぶといいです。できれば医師が監修しているチェックが好ましいと言えます。

家族がうつ病になったら、最低限の知識をみにつけるようにしましょう。感覚で接してしまうと、取り返しのつかない事態を招きかねません。自傷行為をしたり最悪の場合、自殺してしまうこともあります。なるべくうつ病の人の気持ちを察してあげる必要が大切です。うつ病を発症してしまうと妄想をするようになります。妄想の種類は人によって変わりますが、基本的には自分を責めてしまう妄想です。自分の価値が見い出せなくなったり、重大な病気になっているという思い込みなどさまざまです。また、一生不幸なまま生きてしまうと思い込んだりもします。どのような妄想をしているのかを感じ取り、最適な言葉をかけてあげるといいです。何気ない会話をすることで気分が紛れ、症状が改善されていくかもしれません。ただ、間違えた言葉をかけてしまうと症状が悪化します。なるべく適度な距離感を保ちながら接しましょう。